Dialy of nekosikauo

~サッカー、映画、書籍、猫、ゲームetc、徒然なるままに書いていくブログです。~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダービー(2)

ダービー第2弾、ミラノダービーです。

こちらは、クラシコと違って、リーグは、既にインテルで確定。
ミランは、去年の制裁による勝ち点減もあって、来年のCLの出場権を
確保するので精一杯と言った状況です。
にも関わらず、今年のCLでは、インテルは敗退、ミランは、
まだ、芽を残しているというのが皮肉です^^;

さて、試合の方は、裏切り者ロナウド(インテリスタ視点)の
加入により、攻撃陣に厚みが出て、復調してきたミラン。
対するインテルは、怪我人続出&連勝記録は止まるものの、
抜群の層の厚さで、好調を維持していました。

さて、試合の方は‥
前半は、インテルが負傷退場により、選手交代を強いられる中、
ほぼ互角の展開をみせて、前半は終わるかと思われました。

ところが、ここで魅せたのがロナウド。
胴回りに、荷物をたくさん載せていても、往時の決定力が
蘇ってきているようです^^;

DFに囲まれて、コースのない中、ペナルティボックス外から
シュート一閃。本当に、そんなのが入るんだっていう感じのゴールが
入ってしまい、インテルのビハインドで後半へ。

ところが後半は、ロナウドとは対極に位置するようなFW。
インテルのフリオ・クルスが試合をひっくり返します。
途中出場したクルスは、後半早々、イブラヒモビッチのクロスから
GKジダが弾いたボールを、まさにファーストタッチで決めてしまい、
あっという間に、インテルに同点ゴールをもたらします。
(それまで、精力的に決定機を創り出していたクレスポが、
 ちょっと可哀相でしたが^^;)
そして、インテルの攻勢が続く中、クルスは、見事なアシストから
イブラヒモビッチの決勝点を演出し、ダービー連勝の立役者と
なりました。

第1戦の感想にも書きましたが、インテルには、チームの為に
汗をかける良い選手と、際立った個人能力を持つものの、汗を
かけない選手が並存しています。
そして、前者の選手が活躍している時のインテルは、本当に強いと
感じます。マンチーニは、そういった意味で、チームのバランスを
非常に重視しているようですので、CLは残念でしたが、
今後も続投していって欲しいと思います。

ミランは、詰まるところ、やはり、FWの駒不足が全てです。
ロナウド獲得により、やや改善はされたものの、インザーギや
ジラルディーノ、オリベイラに期待できない今、結局は、カカ頼みに
なってしまうでしょう。
オフには、ロビーニョもしくは、ロナウジーニョ獲得も
噂されていますが、今季のCLでロナウドを使えない状況で
残りのCLをどう戦っていくか、アンチェロッティの手腕が
問われるところとなりますね。

個人的には、今年はチェルシーかマンUが堅そうだと思っていますが‥
(アーセナル、今季も勝負弱かった‥TT
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nekosikauo.blog69.fc2.com/tb.php/28-18d4d748
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

ろん

Ron

Author:Ron

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

バックナンバー

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。