Dialy of nekosikauo

~サッカー、映画、書籍、猫、ゲームetc、徒然なるままに書いていくブログです。~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラノダービー!

先週のクラシコに続き、イタリア、セリエA伝統の一戦!
ミラノダービー(インテルvsACミラン)がありました。

今年は、ユーベがセリエB降格になった為、
イタリアダービー(ユーべvsインテル)が見られないだけに
より重要度&注目度が高い試合になりました。

さらに、インテルは、イブラヒモビッチ、ヴィエラといった
ビッグネームも、オフに獲得しており、シェフチェンコの穴を
補強で埋め切れなかったミランとは、戦力的にも互角以上。
ここ数年の力関係が逆転するか否かを占う試合でもありました。

さて、試合の方はと言うと、
スタンコビッチ、サネッティ、ダクール、ヴィエラの
非常に運動量の多い中盤で、ダービーに臨んだインテルが
前半序盤から、一気に主導権を握ります。
マンチーニの狙い通り、激しいプレスで、中盤を制圧し、
スタンコビッチ、ヴィエラを中心にビルドアップし、
両サイドのオーバーラップを絡めつつ、チャンスの山を築きます。
そして、開始早々に、セットプレーから、クレスポのヘッド!
さらに、早いパス回しから、スタンコビッチの、これぞ、
ワールドクラスというスーパーミドルが決まり、2-0!
ミランは、インザーギの1TOPが機能せず、立て直しがきかないまま
失点を重ねていってしまった感じでした。
そしてその後も、インテルが押し続けて、前半は終わりました。

後半は、ハーフタイムで、3人同時に選手交代という勝負にでた、
アンチェロッティの願いも空しく、開始早々、カウンターから
イブラヒモビッチのテクニックが光るゴールが決まり、3-0!
試合が終わったかに見えましたが、ミランもその直後に、1点を
取り返し、ミランサポーターもチームも、息を吹き返します。
ところが、この日のインテルは、非常に勝負強く、2点差に
詰められるも、セットプレーから、今度はマテラッツィのヘッドで
とどめのゴールゲット!4-1!しかし、この後、マテラッツィが、
軽率な行動で、この日2枚目のイエローをもらい退場・・・。
その後、一人多くなったミランが反撃にでて、終了直前に1点差まで
迫るものの、インテルの集中力は最後まで途切れず、4-3で試合終了

この試合のインテルは、非常に素晴らしいサッカーを展開しており、
特に中盤が非常にうまく機能していました。
インテルには、スタンコビッチ、サネッティ、カンビアッソ、
といった、安定感があり、労を惜しまないプレーができる、
ユーティリティな選手が今までもいたのですが、そこに、ヴィエラ、
ダクールといった選手が、中盤に加わり、チームとしての
パフォーマンスに安定感が出てきたように思います。
レコバ、アドリアーノ(古くは、ロナウドでしょうか?)のような、
一人で勝負を決められる選手を重用してきたインテルですが
パフォーマンスに波があり過ぎ、タイトルから遠ざかる要因に
なってきたと思います。
その点で、これからのインテルに期待できる試合であったというのが
ろんの一番の感想です。

しかし、マテラッツィの、あの性格は治らないんだろうなあ^^;
勝ったとはいえ、チームから、処分はないんだろうか。。。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nekosikauo.blog69.fc2.com/tb.php/18-394c05e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

ろん

Ron

Author:Ron

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

バックナンバー

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。