Dialy of nekosikauo

~サッカー、映画、書籍、猫、ゲームetc、徒然なるままに書いていくブログです。~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウィーニー・トッド、etc...雑記

最近見た映画の感想を、徒然に~

・モーターサイクル・ダイアリーズ・90点
チェ・ゲバラの若き日を描いた作品。キューバが、冷戦崩壊まで、
共産圏に医師を輸出してたルーツがやっとわかりました。
医療費無料は理解できても、なぜ医療がそこまで進んでるのかが
気になってたもので^^;
ロードムービーとしても、秀逸です。

・ボビー・フィッシャーを探して・85点
最近亡くなられたチェスの伝説的人物と、実在の少年を描いた作品。
若き日のローレンス・フィッシュバーンがイイ演技してました。
子役も含め、他の共演陣も素晴らしく、かなりオススメの映画の一つに
なりました。未見の方は是非^-^

・300・70点
古代ギリシアのスパルタが輝いたテルモピレーの戦いを描いた作品。
歴史絵巻としても、アクション映画としても面白かったです。
凄惨ですが美しい映像が印象に残りました。

・スウィーニー・トッド・75点
ティム・バートンの久々の作品。相変わらず、独特のテイストで楽しめました。
ただ、脚本が説明不足な点と、グロさが半端でないので、見る人を選びそうな気が(==


あと、今週末に『未来世紀ブラジル』見る予定です。テリー・ギリアムの作品。
誰も知らないかな…
スポンサーサイト

オーシャンズ13、ハリポタ不死鳥の騎士団

盆休み中に、2作品、見に行ってきました。

ろんは、シリーズの最初の作品を劇場で見たら、
できるだけ、シリーズ完結作まで劇場で見たい派なので
そのルールに則り、行ってきました。

まずは、オーシャンズ13ですが

続きを読む »

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

さくらん

去年の、「THE 有頂天ホテル」以来の、邦画の劇場公開作品を
見に行ってきました。

ろんは、邦画は、基本的に、劇場では見ない派です。
ただ、宮崎駿監督のジブリ作品・北野たけし監督・三谷幸喜監督、
大友克洋・押井守に代表されるジャパニメーション系は、
例外として、見に行ってます。

今回のさくらんは、上記のどのカテゴリーにも属さないのですが
本作品の蜷川実花監督に期待して行ってきました。
蜷川実花さんは、独特のとてもきれいな写真集を発表されている方で、
仕事で本に関わっていた時に、この人はすごいなあと思っていました。
ですので、その極彩色の映像美に期待して、という感じです。

続きを読む »

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

マリー・アントワネット

今年は、なかなか、劇場公開作品を見に行けなかったのですが
先日、2作品を見に行くことができました。(後述の「さくらん」)
 
ロスト・イン・トランスレーションで話題になった監督さん
(コッポラの娘さんとしても有名な方です)の作品で、
主演のキルスティン・ダンストンが、どうかなあと思いつつも
行ってきました。

続きを読む »

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

SAW、SAW2

先日、WOWOWで放映されていたので、久しぶりに、
両方とも見ました。
感想としては、やはり、かなりきついです。
ソリッド(強烈な)・シチュエーション(状況)・ホラーと
銘打たれているシリーズですが、まさにその通りで
人間を、死と隣り合わせの極限状況に置いたら、どうなるか、
というテーマで作られています。

続きを読む »

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

 | HOME |  »

FC2Ad

ろん

Ron

Author:Ron

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

バックナンバー

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。